ここに魂を置いておく。〜ミタクエオヤシン〜

いまさきたかしの人生観、諸々について。アートサロン・ミタクエオヤシンの情報発信。

あけましておめでとうございます(*^^*)

なんとなく
2017年は、節目の年だった、
結婚、出産、転職などした人はすごく多かったのではないでしょうか?


わたしも
約2年半つづけたカレー屋さんを退職し
https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13162522/

これまでの自分を見つめ直すことになりました。


カレー屋さんは
とてもやりがいもあり、居心地がよかったのだけれど
どこかで、これ以上つづけちゃいけないという
感覚が生まれていたので
その部分に正直になったというかんじです


f:id:soul-space:20180102185755j:plain


たくさんの友人たちが
カレーをたのしみに、毎月展示されていたアートにもふれてくれました。
おめでとうの花も、本当にたくさん。


呼吸する、丁寧な生活が理想。


きっと誰もがそうなんだろうけれど


それじゃあ暮らしていけないとか
そんなふうになってしまう。


年が明けて

多摩川をみつめました


f:id:soul-space:20180102190134j:plain


京王線
とても優しい雰囲気が漂っていて好きです


今年から
ワークショップなどを行う
アートサロンをひらきます

パステルアートを使って
心の対話ができたらいいなぁと想っています*

心がげんきになるような
そんな場をつくっていきたいです

体験料、販売代金はすべて自由です
それが本来の対価のありかたではないかと
思うからです。

あたたかく見守っていただけたら幸いです

ミタクエオヤシン
https://www.facebook.com/%E3%83%9F%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%83%B3-2060440077510600/


最寄り駅は京王よみうりランドです
ご予約は
メール diva.human@gmail.com
電話 08041745512までどうぞ


今月は土日のみのオープンで考えています
1月13日予定になります(*^^*)


しばらくはこんなかたちで
はたらきながら、個人事業を兼業するというスタイルで
バランスを取ってみたいと想います。


人生は、あまりにも短い。そう想います。

わたしは
すでに母がなくなり、
今、父親も病に伏せている状態。


一生懸命、だけども不器用にしか
生きれなかった親のすがたをみて

わたしも、短い人生を
できるかぎりやりきろうと
心から想えました。



本当に。この世には失敗も成功もないのだと想います。


時は止まらずにながれ。

自分が生きた。

あなたが生きた。


それだけの事実が、過去になっていく。


ある人の胸の中におさまっていく。



だから本当に


やるか、やらないか。それだけですね(^^)


いつもありがとうございます。

結婚することの意義をあえていうなら

わたしは


《あなたの成長をそばでみさせてください》と
いうことだと想う。


しかし

今は、誰もが
心許しあえるのなら
キョウドウセイカツする時代なのだ


人の変化、成長を
間近で感じあえる。



どんな変化にも


おめでとうと伝えたい。



f:id:soul-space:20171224131830j:plain



人の顔を描くのは

すごくすきです。

すみっこが愛されるわけ。

なんでこんなに『すみっこぐらし』にんきなんだろーって想う

f:id:soul-space:20171222200713p:plain


かわいいキャラクター大好きなわたしも
もちろんすきです❗

個人的にはとんかつ!とほこり!


で、


自分なりに想ったのは


いっけん、なんだか
頼りなくて、情けない、、というかんじの
すみっこぐらしキャラクターがにんきなのは、


【今のこどもたちの共感力】にあると想っている。


ほんとうに
キャラクターの詳細を知ると
なんじゃこりゃみたいのがたくさん。
とんかつものこった脂身だし
ほこりはほこり、、
ざっそうとか
エビフライのしっぽとか。


でもそんなキャラクターが
愛されるのは


わたしは
こどもたちが【そんなあなただからかわいくて、魅力的なんだよ】と
心を寄せているからだと想う。

それは、
そのまま
こどもたち自身の心を愛でているともいえる。





そんな言い換えるなら
傷つきやすい心をもったこどもたちが
のびのび生きてくれるのを願うばかり。。

自分をいたわる

いそがしく駆け抜けてきた一年を振り返ると


本当にがんばってきた自分にありがとうをつたえたくなる



そんな自分にも関わりつづけてくれた

まわりのみんなにも、たくさんありがとうです



最近、すこし
お灸をはじめた


ちょっとしたツボにのせるだけで
からだの負担が減ってくる



年末だからこそ
より自分をいたわることを大切にして


f:id:soul-space:20171221080819j:plain



みれいさんが、とても好きです(^^)


この人の文章にふれていると、
とても心が楽になります

目的なんてないけれど

いわば死が目的だし


死こそ希望って想う


悲観的とか、せつないとかそういうのじゃなくて


人生は50年くらいでちょうどいい。


来年からは本格的な【余生】

何もせずに死ぬのが怖いだけ。

今日。こんなメッセージが浮かんできた。


人は、ただ何もせずに死ぬのが怖いのだ。


何か残したい

家族を残したい

子孫を残したい

業績をあげたい

成績をあげたい

認められたい

自分が価値ある存在だと感じたい



究極は


【たくさんの人に見守られながら逝きたい】では



そういう人の欲求は
別に否定するものではない


と、同時に

必要な欲求でもない。



人には死が平等にあるが



死に方は完全には選べない。


病院か、在宅かは選べるが


なんの病気や状態か


それがどこで発症するか


なんていうのは、天しか知らない。




赤ん坊がいつも感動するのは


赤ん坊が、人の本質を物語るからでは?



なにも、もたない


無邪気な生命。



そのように

考えると


大人とは、どれだけ価値が在ると思われるものを
所有したか?のようにも聴こえてくる




不思議なことに

持つことに
フォーカスして生きると
【いのちが霞む】のである



持たないこと(そのバランスを、自分の身の丈にあうかたちで保つ)に
フォーカスしていくと
【生活といのちのありがたみ】が
実感できるのである



f:id:soul-space:20171216044601j:plain


冬なのに、一生懸命咲いていました

人を殺す夢

もしかしたら。

生まれてはじめてかもしれない

人を殺す夢をみました。


すごくリアルで


コンビニに通り魔のような人物がいて


いまにも誰かを殺しかねないから


私が殺した。みたいなストーリーでした。


そのあとは、


割と静かで、


電話で『自分が殺しました』と警察に連絡し


夢だけどナンとか言う住所まで表記されていた



警察がきて、間違いないんだねの確認。



とても静かだった。



ーーーーーーーーーーー

それだけ、自分の中ですごい節目が生まれているんだろうなあ、。


なんか、正直に生きているというか


【星の流れに沿って生きているなぁ】ってよく想う。



これも、忘れられない夢になりそう



小学校低学年のときには実は


殺される夢を見ました。



それもすごいリアリティで


一軒家の屋上から飛び降りてきた
包丁をもった男に殺されるっていう
なんか、凄まじいシチュエーション


本当に死んだーって想って飛び起きたのを
今でも覚えています。




ああ。


もう、今年も終わりですね。。