ここに魂を置いておく。

いまさきたかしの人生観、諸々について。

最近おもう恋愛観。

好きだから、付き合わない。

きらいだから、付き合ってみる。


好きだから、結婚しない。


きらいだから、結婚する。


そんな一見あべこべにみえるようなことが
あってもいいなぁと想う。



この世界の人と人のあり方は

本当に、本当に、あまりにも多様で。


それは、正解のないことで。



誰かが口をはさむことでもないと想う。


みんな、地球に生まれ落ちて


こんなことに夢中になったよ。


こんな人を好きになったよ。


こんな人生だったよ。



そう、表明している。


そして、


みんなちゃんといなくなる足音が近づいていることを



わたしは知っている。


f:id:soul-space:20170324052948j:plain

人が。なにかをゆるすとき。

本村さんの事件が忘れられない

ふとした瞬間に、思い出したりする


f:id:soul-space:20170322165523p:plain


冒頭文

1999年4月、山口県光市で23歳の主婦と生後11カ月の幼児が18歳少年・Fに 惨殺された。たった一人残された夫・本村洋は、少年法によって二重三重に守られた犯 人Fに果てしない闘いを挑んでいく。
少年法を前に思考停止に陥ったマスコミや、相場 主義・前例主義によって形骸化した司法の世界など、本村の前には想像もできなかった 厚い壁が次々と立ちはだかった。絶望に打ちひしがれ辞表を出す本村に、上司は「労働 も納税もしない人間が社会に訴えてもそれはただの負け犬の遠吠えだ。君は社会人たり なさい」と説き、裁判で敗れた検事は「たとえ100回負けても101回目をやる」と 語りかけるなど、さまざまな人たちが、絶望の淵を彷徨う本村を支えていく。
9年間にわたって事件を追いつづけたジャーナリスト門田隆将が差し戻し控 訴審判決の翌朝、広島拘置所で犯人Fから吐露された意外な言葉とは――。




わたしがなぜこうした事件に強く想いを寄せるのか


それは、日常のなかにも


【怒り·ゆるし·運命とはなにか】という

命題が、厳然として佇んでいるからだ



多くは、人生の節目として現れる


天災もそうだし、


親やたいせつな人がなくなることもそう



もっと身近なことでいえば


恋人にふられることも


【理解を超えた体験】だと想う



人は一般的に


理解を超えてしまうと、悲しみと怒りに包まれるのではないか


その瞬間に、


『いいんだよ、愛してる、すべてを祝福している』なんてことは
到底想えないもの。



なぜなら。


《人は、しあわせになりたいから》


こころのどこかで



《人生は自分の思い通りにいく、いってほしい》という願望があるから




わたしも、幼少期の自殺未遂や
親への殺意など極限体験を超えてきたからこそ

今、言えることは、、、




人生は。いのちは。


実は、自分のものでもなんでもないんだということ。



人は、いつから


生かされているという感覚を失うのだろう····



f:id:soul-space:20170322170411j:plain

すでにもらっているギフト

春分の日あけの今日は、なんだか不思議な日だった


お店の前のチューリップ咲いたよー(^o^)
かわいい♡


f:id:soul-space:20170321192445j:plain


スタッフが体調不良となったため


『今日はひとり営業かぁ、、』と


想ってつぶやいていたのを
しおんさん(*^^*)
http://www.shion-fika.net

が、目にして『今からいきますー』と
フットワークもとても軽くサポートしてくれました\(^o^)/



ごはんの盛り付けとか、お水提供、お皿の片付けまでいろいろお願いしてしまったのだけれど
きもちを込めて行ってくれるその姿に
こっちまでたのしくしごとできましたー(^o^)


お店のさいごのほうには
カラダファクトリーの常連さんもきてくれて
無料サービス券までいただきました(*^^*)



朝、お店の準備している段階では
想像もできないくらい、たのしい一日を送れたのは
しおんさんと、今日もきてくださったお客さんのおかげです♡本当にありがとう(*^^*)

f:id:soul-space:20170321192401j:plain



そして、今日過ごしながら想ったのは

《毎日は想像がつかないからこそ、たのしいんだ》と。


想像できないことを不安に想ってしまうときもあるけれど


いつも、どんな小さなことにも感動していたいな。


てんきがきもちよかったり

ごはんがおいしかったり

からだの調子がよかったり


好きな映画や本をみれたり


そんなひとつひとつのものごとに


ばかみたいに感動して、生きていたい。

カレーは、ひとをげんきにする

いだっちシェアハウ
https://www.facebook.com/book.share.house/
にオープン記念のカレーをつくりにいきましたー\(^o^)/

初めて訪れたとは思えないくらいの
居心地のよさ(*^^*)

ならちゃん作の、本棚もとてもうつくしく
リビングに馴染んでいてすてきだった


f:id:soul-space:20170320090114j:plain


辛めのポークマスタードカレーと
あまめのチキンカレーをつくりました(^o^)


なんか今度は

5、6種類くらいつくって

好きに選んでたべれるカレービュッフェでもやりたいなぁー(*^^*)


あ、いだっちハウスはもう無事に入居者きまったようです(^^)告知して間もないのにすごいっ!!!


吉祥寺駅最寄りだから駅周辺の散策もたのしそう♡
当日きてくれた人はココトモメンバーが多かったけれど、みんな優しいひとが多くて、安心してすごせて
毎回すごいなぁ、、と(*^^*)

一般ちんたい、、、

なんと。

およそ7年ぶりのひとり暮らしだ、、、、


ここまでいろんなことがあった、よ(*^^*)


シングルマザーのひとと暮らしたりー


すてきなウェル洋光台で暮らしたりー


そして、我らがホーム。
清瀬ハグハウス改め地蔵堂て暮らしたりー(笑)



いやーいろんなことあった。


とりあえず、シェアハウスはいいやーというのが今


次、みんなで暮らすときはたぶん『村』でしょう



そして本題。


一般賃貸の初期費用について。


なんで賃貸はこんなお金かかるんだーと想っていたけれども、、、


時代は。変わりましたよ。本当に。



だって、昔、一人暮らししたときは


初期費用35万くらい払った、、\(^o^)/爆


わたしは、
タルマーリーの語る腐る経済でほんといいと想う。

つまり、一言でいうと


《利益なんてもんは出すな!!!!》


だから、サービス利用者も働く人も


回転車回すリスのような人生になる。


その初期費用がいまや10万円で引っ越せます。

家賃滞納してなければ
保証会社も通るし。


シェアハウスのほうが今は、家賃高いかもしれない。


10万円あれば

どこでも住める時代。

というのは本当に希望に満ちあふれているなぁ、、



新生活たのしみです(*^^*)



f:id:soul-space:20170311122001j:plain



きょうもありがとうとおめでとうを、風にのせて。

まえぶれ?

一昨日から偏頭痛のようなものがある


そして、きょう


朝から変なかんじがした  


、、、


案の定、お店(カレー屋さん)のブレーカーが落ちた


朝から、本社のひとがわやわやきてなんか落ち着かない。



そんな朝の流れから


ああ、もうきょうは、たいへんな一日なんだろうなぁというのが、容易に想像出来た



なんだか、ひどく疲れた。



まだ、あたまがいたい、、


春分の日まで、こんな波のある感じがつづくのではないか??



お家の契約書をとりあえずだそう、、(・ิω・ิ)


f:id:soul-space:20170308170147j:plain


写真は浜金谷(*^^*)

やっぱり島の空気感のある場所はとてもすき

きづき。

人間は、ほかの人を通して、

毒出しをしているのかもしれない。とおもう。


よく恋愛などで


別れた相手をひどくなじるなんて、


世の中には溢れていると想うけれど、


その激しく沸き起こった感情も 


半年後、一年後には、


相手への感謝に移り変わることもある。



そりゃ、人は変わる。


いつまでも、相手を憎み続けているのは、たいそうつらい。



わたしは、いつも


その感情移行が


一日のうちに完了しないか?といつも想っている。




だって、ぜんぶ、自己創造だもん。


f:id:soul-space:20170308102550j:plain